校長あいさつ

 校長よりメッセージ 

 5月27日   5月7日    5月1日   4月23日   4月15日

 

夢を育む愛あふれる学校

新年度のスタートにあたって

校長 櫛田 光治


 麗らかな春の陽ざしのなか、120名の新一年生を迎え、全校児童934名のこどもたちとともに、浅間竪川小学校の令和2年度がスタートしました。お子様のご入学・ご進級、誠におめでとうございます。

新型コロナウィルス感染防止のため、臨時休校や分散登校等、様々な制限や対応がなされる中での新年度のスタートではありますが、本日登校してきたこどもたち一人一人の顔は、進級進学の喜びに満ち溢れ、やる気を感じさせるものでした。今年一年間の成長が楽しみです。わたしたち教職員もそのこどもたちのやる気に応えていこうと、さらに身が引き締まりました。

 今年度、浅間竪川小学校は開校20周年の年となります。10月31日に予定しています開校20周年記念式典に向け、すべての学校行事を記念行事として実施していきます。また、記念冊子の作成のための航空写真、クラス写真の撮影、こどもたち主体の記念集会の実施等を考えております。今後、地域の方と実行委員会を発足し、詳細について煮詰めていく予定ですが、これまで歴代の校長先生、教職員、保護者、地域の方が築いてくださった浅間竪川小学校の歴史と伝統を継承しつつ、さらなる10年後、20年後の次代に向けた新しい浅間竪川小学校を創造していく考えです。

浅間竪川小学校の中心はなんと言ってもこどもたちです。次の三つのことができるこどもたちになってほしいと、今日の始業式で、昨年度に引き続きこどもたちと約束しました。

一つ目は、「目標をもってチャレンジ」です。浅竪小では、毎年多くのアスリートやいろいろな職業の方から生き方を学んでいます。その方々から、夢の実現のために、目標を明確に定め、一歩ずつ努力を重ねることの大切さ、素晴らしさを教えていただいてきました。こどもたちにはどの子にも無限の可能性があると信じ、目標をもたせ、挑戦する浅竪っ子であってほしいと思います。そのために強い心を育てます。我々教師はそれを最大限応援していきます。

二つ目は、「心も体も強く」です。次代を担うこどもたちに大切なのは「健康」です。心も体も強い子になってほしいです。また、様々な人間の集まりが社会です。どんな人にもその人の良さがあることを認め、人に優しく助け合える子になってほしいと願っています。特に、人の嫌がること、いじめは絶対に許さないことを確認しました。

三つ目は、「当たり前のことを当たり前に」です。実はこのことが一番難しいかもしれません。あいさつ、返事、言葉遣い、勉強、当番の仕事、それぞれの年令に応じた態度等、当たり前と思われることをしっかりと認識し、着実にしかも平然とできる子になるよう、粘り強く指導していきたいと思います。

今年度も「未来に生きる力を育てる学校」「保護者、地域から信頼される安心安全な学校」をスローガンに、上記3点を確認しながら、教職員・保護者・地域が連携し、それぞれの役割と力を発揮しながら教育活動を展開してまいりたいと思います。三者一体となり、こどもたちのために全力で取り組んでいくチーム浅竪でありたいです。こどもたちが「明日も学校に行くことが楽しみ!」とワクワクするような学校をめざしてまいりますので、ご理解・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

更新日:2020年05月28日 11:26:42